大人気ビーチサンダル「島ぞうり」とは・・・

 

島ぞうりとは、沖縄でふるくから県民の生活と共にあるビーチサンダルです。

「島」という言葉を付ける事で愛称をこめてそう呼んでいます。

昔は今ほどのカラーバリエーションもなく、赤、青、黄色の三色が定番でした。

ビーチサンダルといえば、本来ビーチで使用するものですが、

沖縄では、今でもフォーマルな場所やドレスコードがある場合を除けば

一年中履いている人を見かける事が出来ます。

本土に比べ気候に恵まれた沖縄だからこそ、ここまで履く人が多いのでしょう。

また、島ぞうりのソールは一般的なビーチサンダルよりも少しだけ厚みがあります。

それは戦後、鉄くずなどが多かった沖縄で県民の足を守る必要があった事もあります。

そんなビーチサンダル「島ぞうりですが」今ではサイズ、カラー共にとても充実しており

子供から大人まで多くの人が利用しています。

最近は、園児の足指強化の為に、「はだし教育」をとりいれる保育園、幼稚園も多く、

島ぞうりは教育の場でも活躍しております。

テレビ番組でも、沖縄芸人と呼ばれる方々がみんな島ぞうりを履いて出演しているのも

夏場は多く見かけます。

世の中に数多くのビーチサンダルがある中で、やっぱり「これが一番履きやすい!」

と人気のひとつに、島ぞうりを長く履いていると、自分の足の形にソールが変形してくるので、

他の人の島ぞうりや他のビーチサンダルを履いても「あれ?なんか違うぞ。。。」

と、しっくりこないとの声も多く聞こえてきます。

そんな「島ぞうり」は沖縄だけでなく全国のお子様から大人まで多くの人に支持されています。

あなたもぜひ子供達が島ぞうりをはいて元気良く外を走り回る姿を眺めながら、

少しずつ「島ぞうり」が変化していくのをお楽しみ下さい。